高校受験を考えている方はこちらをご覧ください。

高校受験に必要な対策は三つあります。

① 検定対策

② 定期テスト対策

③ 実力テスト対策

の三つです。

 

この三つを柱に、中学1年生から3年生までの指導をしています。

公立高校は内申点+当日点です。どちらも指導します。

①検定対策は私立の推薦で特に役に立ちます。

また、受験生でないうちから検定を受けることによって、日常の勉強総量が増えます。

②③は公立・私立ともに必要な力になります。積み重ねが重要です。

 

育進会では、塾の実績作りのために、無理に上位校を受けさせることはありません。

 

『生徒の行きたい高校が一番良い高校』

 

という信念のもと、成績アップのお手伝いをいたします。

 

 

 

中高一貫校の生徒は授業につまづくとなかなか普通の個別指導で対応が出来ません。

理由は

① 講師の能力の問題

ご覧のように、一般的に中学校3年生で高校の範囲に触れます。高校範囲を完璧に教えることが出来る講師は個別にはほとんどいません。

② 原因の究明速度の問題

スピードが公立校より速いため、原因の究明の遅れが更なる被害拡大に繋がります。それも経験がものを言う部分です。

 

育進会では、現在中学生の5分の1が私立中学生です。

 

『どの個別指導でも大丈夫』

 

という考え方は より傷口を広げます。

 

麗澤のステージアップテストが不安な方も是非ご利用ください。